Photoshopで止まっている車を走らせる方法

車を走らせる_1

今回は、フォトショップで
静止しているものを動いているように見せる方法です。


 

【1】パスをとってレイヤーを作る

今回はこちらのぴったり止まった車の写真を使います。

車を走らせる

 

まず車のアウトラインと、タイヤに分けてパスをとります。
車のパスをとった後、タイヤに移る前に必ずパスウィンドウ
パスを保存しておくこと。混ざると大変です。

走らせる_1

走らせる_3

 

次にレイヤーウィンドウへ戻り、背景レイヤーを2回複製して
車レイヤータイヤレイヤーを作り、
それぞれ先ほどのパスの選択範囲でマスクをかけます。

走らせる_4

 


 

【2】背景を動かす

今回は車にピントがあっているようにするので、背景をブラします。

背景レイヤーを選択し(わかりやすいように上の2つのレイヤーを隠す)
フィルター>ぼかし>ぼかし(移動)をかけます。

走らせる_5

 


 

【3】タイヤを動かす

次にタイヤを回転させます。

まずタイヤレイヤーを選択し(わかりやすいように他のレイヤーを隠す)
フィルター>ぼかしギャラリー>スピンぼかし を選びます。

走らせる_6

走らせる_7

 

ぼかしギャラリーを表示すると、すでに丸が1つ打たれています。
まずはその丸を片方のタイヤの中心に移動させます。

もう1つには新しく打つ必要がありますので、クリックして打ち込みましょう。

走らせる_8

 

次に右のウィンドウで数値を調整します。
数値は写真によって変わりますので調整してください。

走らせる_9

こんな感じで、真ん中だけボケずにブレが入っていたらOKし適用させます。

走らせる_10

車レイヤーを表示させたらこんな感じです。

走らせる_11

 


 

【4】車の残像を作る

最後の行程です。
レイヤーウィンドウで、車レイヤータイヤレイヤー複製し、
2枚のレイヤーを結合します。(右クリック)

走らせる_12

 

残像レイヤーを選択したまま
フィルター>ぼかしギャラリー>パスぼかし をたちあげます。

走らせる_13

 

矢印の向きに注意して、パスを調整し、
パスのぼかしのウィンドウから後幕シンクロラッシュを選択します。
見た目に問題がなければOKします。

走らせる_14

 

最後に残像レイヤーの不透明度を60%にします。

走らせる_15

 

完成です。

完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top