Illustrator超初心者企画!04.袋文字を作る

袋文字を作る

Illustrator超初心者企画!第4弾は袋文字の作り方です。
色々な方法がありますが、今回はパスのオフセットを使って作る方法です。

 

【1】文字を打ち込む

袋文字1

文字ツールでテキストを打ち込みます。
選択ツールで選択して、コピーしておきます。(win Ctrl + C/mac command+C)

 

 

【2】パスのオフセットをかける

書式>アウトライン作成 で文字をアウトライン化します。

次にオブジェクト>パス>パスのオフセット を適用します。

袋文字2

 

【3】パスを合体し、余分なパスを消す

一度選択を全て解除し、もう1度選択ツールで選択します。

元の文字のパスと、オフセットして膨らんだパス選択されたことを確認し、
パスファインダー合体を適用します。

袋文字3

 

選択を解除し、ダイレクト選択ツールダイレクト選択ツールに切り替えます。
文字の内側に発生する余分な窓のパスを選択し、削除します。

袋文字4

 

【4】パスを合体し、余分なパスを消す

選択ツールに切り替え、オブジェクト全体を選択します。
の設定で、一番外側の線を作ります。

袋文字5

 

【5】元の文字を配置する

最後に、で最初にコピーしておいた文字を乗せて完成です。(win Ctrl + F/mac command+F)

袋文字6

 

—-過去記事—

2 Comments

  1. […] Illustrator超初心者企画!04.袋文字を作る […]

    返信
  2. […] Illustrator超初心者企画!04.袋文字を作る […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top