Illustratorでアナログ線画をベクターデータにする方法

Illustratorで絵を描く

アナログで描いたイラストをベクターデータにして、着彩する方法を紹介します。
ベクターデータにすることで、拡大縮小しても劣化しないデータにすることができます。

 

【1】線画を描く

Illustratorでお絵描き_1

まずは白い紙に線画を描きます。

ポイントが2点あります。

  • 線が閉じた絵であること(面ごとに塗っていくので、閉じていないと塗りつぶせません)
  • 太めの線(細い線や迷い線は処理した時に潰れます)

よくわからないな、と思った方は最後まで見ていただければ意味がわかると思います。

 

【2】スキャンして、Photoshopで調整する

線画をスキャンしました。
モノクロで300dps設定です。

Illustratorでお絵描き_2

 

スキャンした画像データをPhotoshopで開きます。

調整レイヤー[レベル補正]を作り、下図のように調整します。
紙のグレーを白にし、線部分を黒にします。

Illustratorでお絵描き_4

 

この後、線がはみ出ているところや、歪みなどがあれば調整しましょう。

Illustratorでお絵描き_3

 

【3】Illustratorで仕上げる

Illustratorを立ち上げ、先ほどの画像を貼り付けます。
画像を選択し、上のバーから[画像をトレース]します。

Illustratorでお絵描き_5

線が滑らかに調整されます。
効果を確認し[拡張]します。

Illustratorでお絵描き_6

 

このように閉じられた面・線が個別に選択できるので、塗りを設定し着彩していきます。

Illustratorでお絵描き_7

 

完成です!

Illustratorでお絵描き_完成

パスになっているので、個別に選択することもできます。
レイアウトやコピーして増やすことも簡単にできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top