Photoshopで水彩絵の具風に塗る方法

Photoshopで水彩風

今日はPhotoshopに元々入っているブラシを利用して、水彩画風の着彩をしてみました。

 

【1】下絵を描く

私はペンタブでイラストを描くのが苦手なのでアナログで・・・
使っているのはダイソーのサインペン(5本100円)です。アイデアスケッチを描くときなどによく使います。

水彩_1

描けたものを、スキャンします。(グレースケール)

 

【2】線画の色を調整する

レイヤーウィンドウから調整レイヤー[レベル補正]を作ります。

上のつまみを下げて、紙の部分を真っ白にします。
また線画部分が薄く感じた場合は、下のつまみを上げて黒を濃くします。

水彩_2

 

調整が完了したら、レイヤーを統合し
イメージ>モード>RGB にしておきます。

 

【3】着彩する

レイヤーウィンドウから、新規レイヤーを作り[乗算]にしておきます。

水彩_3

 

ブラシツールを選択し、水彩(ウォッシュ)を使って塗っていきます。
きっちり塗ろうとせず、ある程度大雑把に塗るようにします。

水彩_4

 

レイヤーを追加し、色を足していきます。
薄い色を一番下のレイヤーに塗り、濃い色を重ねていくようにします。

水彩_5

 

最後に、ホワイトレイヤーを作り、光っているところなどを書き足します。
このレイヤーは乗算にはせず、通常のままでOKです。

水彩_6

 

【4】紙のテクスチャを足す

このブラシには元からテクスチャが入っているのですが、
今回は全体的に紙のテクスチャを足そうと思います。

紙のテクスチャ素材を、ホワイトの下のレイヤーに追加し[乗算]にします。

水彩_7

 

完成です!

Photoshopで水彩風完成拡大 Photoshopで水彩風完成

うまく描けなくても楽しい!それが水彩絵の具・・・!!
ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top