Photoshopで光をキラキラに加工する方法

Photoshpでキラキラ加工

夜景やライブ風景など、光をキラキラにクロスした加工をご紹介します。

 

【1】光のレイヤーを作る

 

加工する写真を開き、レイヤーウインドウの背景を複製します。

キラキラ加工_01

 

複製したレイヤーを
イメージ>色調補正>2階調化 します。

キラキラ加工_02

 

光の範囲が大きすぎるとぼやけてしまうので、
プレビューをみながら数値を調整し、OKで反映します。

キラキラ加工_03

 

次に選択範囲>色域指定>許容量200 にします。
このとき、スポイトで白い部分を吸い、OKします。

キラキラ加工_04

 

レイヤーウィンドウの【背景】を選択した状態で
Ctrl+J(Windows)/command+J(Mac)でレイヤーを選択部分だけ切り上げます。

キラキラ加工_05

 

切り上げた【レイヤー1】を2枚複製します。(手順は背景を複製した時と同じ)
【背景のコピー】レイヤーを削除し、【レイヤー1】とそのコピーの名前を変えておきます。

キラキラ加工_06

 

 

 

【2】光を作り仕上げる

【光1】レイヤーを選択して、
フィルター>ぼかし>ぼかし(移動) を選びます。

キラキラ加工_07

 

【光1】のレイヤー:角度45距離750(写真の大きさによって変わります。調整してください)
【光2】のレイヤー:角度-45/距離同じ
【光3】のレイヤー:角度-90/距離同じ

にそれぞれ効果をかけます。

キラキラ加工_8

 

最後にレイヤーウィンドウから
【光1〜3】のレイヤー全てを【スクリーン】に変更します。

キラキラ加工_9

 

完成です!

キラキラ加工_完成

キラキラ加工_元

 

キラキラの大きさは、光レイヤーの移動の数値の大きさで変えられます。
イメージに近いように調整してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top