Photoshopで不要なものを消す方法2種

Photoshopで消す

不要なものを消す方法を2種類ご紹介します。
お肌のレタッチなどにも応用できます!

 

【1】塗りつぶしツールで消す方法

この方法は、ある程度大きい範囲の場合に適しています。
小さい範囲の場合は、【2】の方法の方が手っ取り早いです。

 

まずレイヤーウインドウから、背景を複製します。

塗りつぶしで消す_1

 

ツールバーから【なげなわツール】で消したい部分をざっくり囲みます。
マウスで囲むのが難しい場合は、多角形選択ツールなどでも大丈夫です!

塗りつぶしで消す_2

 

編集>塗りつぶし>内容:コンテンツに応じる>OK

塗りつぶしで消す_3

 

完成です!

塗りつぶしで消す完成 塗りつぶしで消す元

 

 

【2】スポット修復ブラシツールで消す

比較的小さいものを消す場合に役立ちます。
顔のレタッチなどで、シミやニキビなどを消すときにも使えます。

 

今回はこのような海の写真から人を消していきます。

スタンプツールで消す元

 

レイヤーウィンドウで、背景の上に、新規レイヤーを作ります。

スタンプで消す1

 

ツールバーから【スポット修復】ブラシツールを選びます。

スタンプで消す2

 

比較的小さいものを消す場合は、消したいものが隠れる程度のブラシの大きさで、クリックします。

スタンプで消す3

 

このように長いものを消す場合は、消したいものをなぞります。

スタンプで消す4

 

同じように全体に続けると完成です!

スタンプツールで消す完成

スタンプツールで消す元

影を消すのを忘れないようにしてくださいね!(ホラーになります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top