Illustratorでツタ風アートブラシを作る方法

ツタのアートブラシを作る

今回はイラストレーターのブラシを自分で作る方法です。
ブラシの中でも今回はアートブラシを作っていきます。

【1】パーツを描く

まずはパーツを描いていきます。
今回はツタのブラシにしようと思いますので、葉っぱを描きます。

ツタのアートブラシを作る1

次に中心になる直線を引いて、その周りにパーツを配置します。
今回は1つの葉っぱパーツのサイズを調整しただけです。

ツタのアートブラシを作る2

完成したらグループ化しておきます。


 

【2】ブラシを登録する

先ほど作ったオブジェクトを選択した状態で、

ブラシウィンドウ>3本線のマーク>新規ブラシをクリック

ツタのアートブラシを作る3

アートブラシを選択してOKします。

ツタのアートブラシを作る4

名前を打ち込んで登録します。

ツタのアートブラシを作る5


 

【3】線に適用させる

実際に使ってみましょう。
今回は丸を描いて、半分消して半円にしました。

ツタのアートブラシを作る6

線の太さを設定して、いい感じになるよう調整しましょう。

ツタのアートブラシを作る7


 

【4】ちょっと応用

最初からブラシに色をつけて登録することもできますが
今回はモノクロで作って、後から色をつけます。

今描いた物を選択して
オブジェクト>アピアランス分割 します。

ツタのアートブラシを作る8

このように元のパーツの状態に分割されるので、個別で色が変えられます。

 


このブラシを利用してこのような飾り罫を作ることもできます。

ツタのアートブラシを作る10

また、葉っぱの形を変えてよりツタっぽさのあるブラシを作ったりも。

ツタのアートブラシを作る9

ぜひ色々とお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top